SiteMap

B工事で大変なこと

ビル

B工事とは、かなり大変な負担になることも多いです。そもそもB工事とはなんなのか、ということになりますがこれはテナントなどを借りる時に借主が貸主の許可を得て、行う工事であり、その上で貸主が費用を負担せず、それでも貸主が指定する業者を使う必要がある工事をいいます。どうしてそんなやり方で工事をするのか、といいますと基幹部分など、どうしても勝手に行われては問題がある部分というのがあるからです。
それでもこれからテナントに入ろうとする側としては変えたい部分などかあるわけです。排水の部分であったり、或いは吸気、壁の位置などもあるでしょう。防災関係に影響したり、耐震性に少なからず変更が出てきたりすることもありますから、キチンとオーナーの許可が必要になってくるような部分である、といえるわけです。
これをB工事というのです。ちなみにその時にできた付加価値の部分、つまりは例えば冷暖房を高性能なものに入れ替えるとか水道に対するより充実した設備の増設などですが、これはすべてオーナー側のものになります。その点に関して、借主が主張できる権利はない、とするのが一般的になります。これは後で揉めることがあるからそうなっています。

ビル

B工事で大変なこと

B工事とは、かなり大変な負担になることも多いです。そもそもB工事とはなんなのか、ということになりますがこれはテナントなどを借りる時に借主が貸主の許可を得て…

MORE ▶