SiteMap

B工事のBとは何なのか

大きなビル

B工事とは、オフィスの工事の際に使われる言葉のひとつです。Bとは工事区分を表す記号のようなものです。Bというのだから、AやCがあっても良さそうだと感じるのではないでしょうか。まさにその通りで、A工事、C工事という区分が存在します。
では区分について説明しましょう。アルファベット順にA工事から始めます。A工事では、工事費用をオフィスの建物所有者が負担します。オフィスにおける共有部分、例えばトイレやエレベーターを改装する際には、この区分になります。自分の所有する建物を自分の責任で工事するということで、一般的な工事のイメージに近いものになっています。
B工事は、テナントが工事費用を負担します。ただし、工事業者を指定するのは建物所有者側です。一般に、テナントが新規に入るにあたって行われます。空調や上下水道、電気配線など事業開始に欠かせない設備を整える目的があります。
最後のC工事は、テナントが工事を発注、そして費用負担もする工事区分です。建物所有者の許諾のもとで実施されます。店内を改装するときに行われることが多いです。以上のことから、工事区分により工事発注をする立場、費用負担する立場が異なることがわかっていただけたと思います。そしてタイトルの答えは、工事区分をアルファベット順に表しただけ、ということになります。

ビル

B工事で大変なこと

B工事とは、かなり大変な負担になることも多いです。そもそもB工事とはなんなのか、ということになりますがこれはテナントなどを借りる時に借主が貸主の許可を得て…

MORE ▶