SiteMap

B工事とはどんな工事であるのか

夜のビル

B工事というのは、工事のやり方の区分のひとつになります。まず、テナントやオフィスなどに入ることが決まってから、借主の要望によって、色々と変更を加えたいと考えるところが出て来ることでしょう。そうした要望に応えてオーナーが行う工事のことをB工事といいます。
まず、工事費ですが、テナント側がすべて負担することになります。何もそのテナント内のすべての工事がB工事に該当するわけではなく、ビル全体の施設に関すること、或いは工事によって安全性が変ってきてしまうところなど、非常に重要な部分を弄る場合にB工事となるわけです。
例えば、防災関係、空調設備、排水などです。このあたりは勝手に弄ることはさすがにまずい、ということは規則云々はともかくとても素人でも感覚としてまずい、ということはわかることでしょう。ですから、B工事というのは、まずはオーナーの許可が必要であり、そしてオーナー側が指定している業者でやる必要性があるわけです。
これが費用が高くなってしまう理由でもあるのですが、それでもB工事というのは、そうした特徴がある行為ですから、これはもう受け入れるしかない、ということになりますからしっかりと覚えておきましょう。

ビル

B工事で大変なこと

B工事とは、かなり大変な負担になることも多いです。そもそもB工事とはなんなのか、ということになりますがこれはテナントなどを借りる時に借主が貸主の許可を得て…

MORE ▶