SiteMap

A工事・B工事・C工事とは

青いビル

建築工事にはA工事、B工事、C工事という区分けがあります。ビルのテナント利用をしたことがない人にとっては耳慣れない言葉だと思います。A工事とはビル本体の工事のことで、ビルオーナーが発注し、ビルオーナーが指定した業者が工事を施工します。通路や共用施設、ガス、水道工事などビルが機能するように仕上げる工事で、所有権はビルオーナーにあります。
B工事はテナント入居者が発注してビルオーナーが指定した業者が施工する工事で、テナント入居者が希望する形に仕上げる、いわばA工事の追加のようなものです。ビル全体の工程や安全性においてさまざまな規制があるため、思うように進められないことも。特に費用の面はビルオーナー指定の業者という決まりがあるのでお任せ状態となり、安く上げるなどのやりくりができないのが問題点と言えるでしょう。所有権もビルオーナーになっています。
C工事はテナント入居者が発注し、テナント入居者が指定した業者が工事を施工します。ビル全体の機能や安全性に影響を及ぼさない、テナント内のガスや水道、照明工事など、つまり内装工事のことです。ビルオーナーの許可は必要ですが、テナント入居者の希望に沿って進められる工事で、所有権もテナント入居者にあります。

ビル

B工事で大変なこと

B工事とは、かなり大変な負担になることも多いです。そもそもB工事とはなんなのか、ということになりますがこれはテナントなどを借りる時に借主が貸主の許可を得て…

MORE ▶