SiteMap

B工事とはどのようなものか

大きな建物

内装工事というのは、実はやり方次第でいくつかの区別をされるようになっています。それがA工事であり、B工事であり、C工事になります。それぞれに特徴があります。まず、こうした区分はビルなりオフィスなりのテナントが入るような建物の工事のときに使われる用語です。A工事とはオーナーがすべてをする工事であり、要するに普通の施工の工事になります。では、B工事とはなんなのか、といいますとこれは借主が借りるテナントの基幹部分を変えるための工事を指します。
例えば給水設備とか空調とか或いは窓を増やしたりとかそうした工事をする時にB工事と呼ばれることをすることになります。これは貸主にやってもらうことになるのですが、負担は借主になります。そして、業者は貸主が決めることができるようになっています。
その際にできた付加価値などはすべてオーナーのものになります。これがB工事の特徴であるといえます。B工事というのは、いろいろと揉めることもあるのですが、テナントなどでは確実にやる必要が出て来ることになりますから、よく覚えておきましょう。C工事というのは通常の内装になります。店を出す時に必要な装飾なり什器、或いは壁紙や証明などの設備のことです。

A工事B工事C工事の違いと注意点

先月行きつけの美容室が移転し、新規オープンしました。テナントで借りて、内装は知人の業者に頼んで改装した思ったより費用が安く済んだと喜んでました。このように店舗などを出店する場合に必要な工事には、A工事、B工事、C工事という3種類があります。
普段聞き慣れない言葉だと思いますが、簡単に説明すると、A工事は建物本体の工事で、費用は建物のオーナー負担、業者の選定もオーナーが行います。B工事は、テナントがオーナーに工事を依頼し、オーナーが業者を選定します。工事内容としては給排水工事や空調工事などです。費用はテナント負担になります。
C工事は、テナントがオーナーの了解を得て行う工事でテナントが費用を負担し、業者の選定もテナントが行います。工事内容は、店舗改装工事などです。上記の美容室の場合は、C工事にあたります。特に気をつけたいのがB工事で、オーナーが業者を選定するのでテナントが選ぶことが出来ず、また業者間の競争があるわけではないので、どうしても値段が高くなってしまいます。
これは、どうしようもないことなのですが、痛いところですね。このように、新たに店舗を出店したり、オフィスを構えたりする場合には、色々な工事がありますが、費用の負担などの違いがあるので、注意が必要です。初期費用を少しでも安く抑えるためにも、あらかじめ調査もしくは、確認しておいたほうがいいでしょう。

入居者を悩ませる「B工事」とは

オフィスや店舗の内装工事をする際に、必ず聞くことになるのが「A工事」「B工事」「C工事」という言葉。誰が工事費用を負担し、誰が工事業者の指定をするかによってこの三つの内のいずれかに区分されるのですが、中でも「B工事」はこれからショッピングモールやビルでオフィス・店舗を借りようとしている方には絶対に覚えておいて欲しい言葉の一つです。
今回はその「B工事」について説明していきます。「B工事」とは、入居者が費用を負担し、オーナーが工事業者を選ぶ工事の形態です。分電盤、給排水、防災、空調などの施設全体に影響のある設備を移設・増設する場合、この「B工事」区分となります。
「B工事」で注意すべき点は、工事費用が割高になってしまうこと。こういった工事の際には施設全体の影響を考えなければならないので、オーナーの指定する業者を使わなければなりません。複数の業者に見積もりを出させたり、工事費の交渉をしたりといった費用のコントロールを
入居者自身で行うことができないため、結果として高くついてしまうことが多いのです。賃貸借契約の締結前にB工事の見積もりを取っておき、高いと感じた場合には価格を下げてもらうなどの対策を講じておきましょう。今後オフィスや店舗を借りようと考えている方はぜひ「B工事」という言葉を心に留めておいてください。

ビル

B工事で大変なこと

B工事とは、かなり大変な負担になることも多いです。そもそもB工事とはなんなのか、ということになりますがこれはテナントなどを借りる時に借主が貸主の許可を得て…

MORE ▶